共同研究

 国際常民文化研究機構の基盤となる日本常民文化研究所は、漁業制度資料調査による史資料25万点を含む膨大な資料を所蔵し、長年にわたり庶民の生活文化にかんする調査・研究を行ってきました。また、21世紀COEプログラム「人類文化研究のための非文字資料の体系化」による研究成果が、後継組織で日本常民文化研究所に付置されている非文字資料研究センターに蓄積されています。
 本機構における共同研究の目的は、これら日本常民文化研究所と非文字資料研究センターの所蔵する史資料とデータベースを、広く学外の研究者に公開・共有化し、さらに研究分野を拡大、深化させることにあります。そのため第1期事業(2009年度~2013年度)では、5つのプロジェクトを立て、研究課題を公募してきました。第2期事業(2014年度~2019年度)では、共同研究(一般)については、以下の4つのプロジェクトを立て、共同で研究を進めています。


1. 海域・海民史の研究
2. 民具資料の研究
3. 日本常民文化研究所所蔵資料に関する研究
4. 常民文化に関する研究

 
 また、日本常民文化研究所で行われていた、地域の研究者による研究を助成する目的の常民文化奨励研究を2014年度より国際常民文化研究機構が引継ぎ、共同研究(奨励)として毎年公募を実施しています。


新着情報

進捗状況および成果報告一覧はこちら

2017.08.10
戦前の渋沢水産史研究室の活動に関する調査研究
瀬戸内沿岸部における製塩業に関する調査
2017.07.26
宮城県気仙沼大島における遠洋漁業の歴史的変遷に関する研究—震災救出資料を中心として—
日本殉職船員顕彰会、水産研究所図書史料館ほか文献調査
2017.07.25
東アジアの伝統的木造船建造および操船技術の比較研究
第2回共同研究フォーラム「東アジアの船—木造船技術とその構造—」を開催しました
2017.07.25
東アジアの伝統的木造船建造および操船技術の比較研究
2016年度全体会議の開催
2017.07.05
民具の機能分析に関する基礎的研究
[ページ開設のお知らせ] 
2017.07.03
宮城県気仙沼大島における遠洋漁業の歴史的変遷に関する研究—震災救出資料を中心として—
平成29(2017)年度第3回 定例研究会報告
2017.06.20
宮城県気仙沼大島における遠洋漁業の歴史的変遷に関する研究—震災救出資料を中心として—
平成29(2017)年度第2回 定例研究会報告
2017.06.20
宮城県気仙沼大島における遠洋漁業の歴史的変遷に関する研究—震災救出資料を中心として—
平成29(2017)年度第1回 定例研究会報告
2017.06.16
東アジアの伝統的木造船建造および操船技術の比較研究
木造船の造船技術及び操船技術の調査
2017.06.16
東アジアの伝統的木造船建造および操船技術の比較研究
台湾台北市及び基隆市における木造船の調査

  • WWW を検索
  • サイト内を検索

ページトップ

文部科学省認定 共同研究拠点

神奈川大学
国際常民文化研究機構